忍者ブログ
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は動物病院で働いているということで、
何度も死というお別れを体験してきました。

でも、それは、その子とその家族との時間のほんの少しを
共有していただけで、私が悲しい、辛いと思う何十倍、何百倍もの
悲しさや辛さを、その子の家族は感じているのです。

私にとってベル君は、初めてのワンコです。
ありがたいことに、1995年12月24日にベル君がやってきてから
11年6ヶ月6日間、幸せに暮らしています。
なので、本当にその辛さや悲しさは、私にははかり知れないものです。
e1071c2ejpeg
死を目の前にすると、ベル君の死を考えずにはいられません。
考えるだけで、何度も何度も泣いてしまいます。
ベルを失って、自分が生きていける自信もありません。
考えるだけで、こんなに苦しいのに、
本当にベルを失う日がやってきたら、どうなるのか、わかりません。



虹の橋って皆様、ご存知ですよね。

私の後輩は、愛犬を突然、亡くしました。
その後輩が、こう言いました。


「 虹の橋って、知ってますか?
虹の橋では、皆、元気になって遊んでるんですって。
でも、1つだけ不満があって、愛する家族と離れていることを
とても寂しく思っている。

私は、あと50年も60年も生きると思う。
50年も60年も、虹の橋で寂しい思いをさせなきゃけないの?
それだったら、私、早く死ななきゃいけない。 」


確かにそうだな、って思った。
私は後輩の気持ち、100%全てをわかってあげられない。
私にはベルがいるから。

何て言ってあげればいいのか、わからなかった・・・

でも、もし、私とベルに置き換えるなら、
私も、ベルに寂しい思いを何十年もさせられない。
ベル君は、虹の橋で皆と仲良く遊べないと思うし、
きっと私を寂しい思いで待ってるって。


でも、きっと、自分から命を絶つようなマネをしたら
もう一生、ベルに会えないと思う。
けど、何十年も待たせなきゃ、いけないのかな?

450a0009jpeg


「虹の橋・雨降り地区」

こんな風に幸せと愛の奇跡に満ちている「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、
動物達は寒さに震え、悲しみに打ちひしがれています。

そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、
ずっと「雨降り地区」から、出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、
愛し合った記憶は、あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。
命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。
その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。
思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。
それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。 

         

「虹の橋からの手紙」

幸せをありがとう。
愛してくれてありがとう。
いつも抱っこをありがとう。
守ってくれてありがとう。
悲しんでくれて、ありがとう。
悲しみを、乗り越えようとしてくれて もっとありがとう。
会えなくなってしまったけど、本当は、会えるから・・・。
あの日に出会えたことが、とっても幸せだったから・・・。
苦しくないよ。
悲しくないよ。
淋しくないよ。
だから、あの日みたいに笑ってね。
いっぱい愛してくれたから、 いっぱいの幸せを、今もいっぱい感じるよ。
いっぱいの幸せが、今も包んでくれてるよ。



虹の橋からの手紙は、こんなにも短いのに、
私は、途中で涙をこらえきれずには、いられません。

雨降り地区、、、ベルは長い間、ここに居そうだな。
わかっているんだけど、きっと、理解できないと思う。
ベルを苦しめないように、少しでも強くならなきゃ。

ベルは今日も元気です
:Yako:

後輩には、雨降り地区のお話と
虹の橋からの手紙を教えてあげようと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
悲しいですけど・・・
私の身内でも、突然に大事なワンコを亡くした人がいます。
その人のためにも、今回のブログを紹介したいんですけどいいですか??
読みながら涙流してしまいました。

三匹いると、別れも必ずやってくるんですよね。
さびしいのは分かるけど、早く(自ら)迎えに行くのはだめだよね。
一生会えなくなるような気がする。
それでさびしがる人を増やしては駄目だよ。
きゃびん 2007/06/30(Sat)20:49:37 編集
悲しいね。
悲しいね。聞いているyakoちゃんも辛かったね。
私もyakoちゃんと同じだよ。レイナとさくらとの
別れを想像しただけで涙が止まらなくなって、怖くて怖くてたまらなくなる。
アニマルコミュニケーターの人がね。
ワンはね。肉体から離れてしまった後。
天使となって飼い主さんの傍に居るんだって。
直接、目や手、体で感じ取れない事は悲しいけど。いつでも傍にいてくれる。私はそれを知って、少し気持ちが楽になったよ。

後輩の子のワンちゃんのご冥福を心から祈ります。
ちーこ URL 2007/06/30(Sat)22:38:39 編集
涙で…
『虹の橋』の話は何度も目にしているけどやっぱり今回も途中で涙で画面が見えなくなりました。。。
そうだね、悲しんでたらわんこもずーっと悲しいままなんだね。
↑きゃびんさん、ちーこさんのお話もとてもよかった。
悲しみを少しでも軽くしてあげる言葉をかけられるってすごい。
Yakoさんも同じように悲しんであげられたのだからお友達は少しでも楽になられたと思いますよ。
kyonk 2007/07/01(Sun)10:13:34 編集
●きゃびんさんへ●
私のブログなんかでいいのでしょうか?
私も他から引用してるものですが、それでよければ是非、お願いします。
とっても嬉しいです。
それから、温かいコメント、ありがとうございます。
そうですね。必ずやってくる別れ。
どうやって乗り越えればいいのか、
きちんと後輩に答えてあげられません。
Yako URL 2007/07/01(Sun)22:20:11 編集
●ちーこさんへ●
天使となる・・・
素敵なお話、ありがとうございます。
私も少し気が楽になりました。
でも、会えない、触れれない、それを乗り越える強さをもたないとですね。
今回、この話をしていて、ベルの肥満細胞腫がみつかったので、ものすごく怖くなりました。
本当に怖い、怖くてたまりません。
ちーこさん、どうもありがとうです。
Yako URL 2007/07/01(Sun)22:29:52 編集
●kyonkさんへ●
優しいコメントありがとうございます。
kyonkさんのいうとおりだと、少し救われるんですけど。
悲しませないように、、、難しいですね、きっと。
私はきっと、ベルを悲しませてしまう。
少しでも強くなれるよう努力します。
Yako URL 2007/07/01(Sun)22:31:40 編集
悲しすぎて
きゃびんさんのところから来ました。私が突然愛犬を亡くしてしまった者です。今でも悲しくて涙が出ないときはないです。今3チワに囲まれていますが。その幸せの中にいても悲しみはずっと私の中にあります。死もかんがえました。今でも早く空介のもとにいきたいとも思ったりしたりします。だいぶ強くなりましたがもっともっと強くならないとダメですね。ななの空と言うブログをやっています。良かったらきゃびんさんの所にリンクしてもらっているので遊びに来てくださいね
ななの空にリンクさせてもらっても良いですか?
幸音 2007/07/07(Sat)21:26:01 編集
●幸音さんへ●
遊びにきていただき、コメントも残してくださり、どうもありがとうございます。リンク、大歓迎です!私もリンクさせてくださいね。よろしくお願いします。
私はまだ愛犬を亡くす悲しみを自分自身で体験してはいませんが、想像するだけで、心苦しく、涙が止まりません。
今は3チワちゃんに囲まれて暮らしているのですね。3チワちゃんの為にも、ご家族のためにも、今を生きてください。(私、えらそうでごめんなさい。)きっと、私もベルを失ったとき、早くベルの元へって絶対に考えていると思います。
空介ちゃんは、幸音さんのすぐ傍にいると思います。こんなことしか言えなくてごめんなさい。
空介ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Yako URL 2007/07/07(Sat)22:52:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[02/02 Yako]
[02/02 絵莉]
[01/31 Yako]
[01/31 Yako]
[01/30 じゅんぺー]
ベル君、今、何歳?

*script by KT*
忍者ブログ [PR]

素材屋さん:Night on the Planet